2022年9月7日水曜日

R4年産 新米のご案内

富山県黒部の専業農家『米農家寺崎』 

令和4年産 富山県黒部産コシヒカリ「おらちの米」 販売価格のお知らせ

◎ ホームページにて、新米の予約販売、もう間もなく受付開始!!
  新米のお届け時期は、9月下旬頃を見込んでおります。

◎ 一年中、毎日美味しいお米が食べられる年間予約注文も承っております。
  通常販売価格よりも、お得な割引価格にて、ご購入頂けます。

「名水の里」と呼ばれる黒部の澄んだ空気、豊富な水、自然豊かな土地で
心を込めて育て、一粒一粒大切に収穫したお米を農家から直送します!!
お米の種をまくところから、田植え、生育の管理、稲刈り、乾燥調製、
低温貯蔵庫での玄米の保管管理、お客様の手元に届くまで、
一貫して責任を持って作られた、ツヤと粘りのある自慢のお米です。

お客様のご注文をいただいてから精米をし、
いつでも新鮮なお米をお届けすることをお約束します。


令和4年産 富山県黒部の専業農家『米農家寺崎』が育てた
富山県黒部産コシヒカリ 「おらちの米」
販売価格については、以下のようになっております。
 
【富山県黒部産コシヒカリ おらちの米 玄米】  
 5kg  ¥  2,100(税込)
10kg  ¥  3,800(税込)
30kg  ¥ 10,800(税込)

【富山県黒部産コシヒカリ おらちの米 白米】  
 5kg  ¥  2,400(税込)
10kg  ¥  4,300(税込)

   
◆お米代金の他に、
  送料 (地域により異なりますので、詳細はホームページをご確認下さい)、
  また、お支払い方法を商品代金引換を選択されたお客様は、
  商品代引手数料が、必要となります。

◆配送業者は、佐川急便です。
     お米は、段ボール箱に入れての発送となります。


土作りにこだわり、栽培方法を工夫し、より美味しいお米ができるように、
収穫の日まで、真摯にお米作りに取り組んできました。
これからもさらなる品質の向上、より美味しいお米を
お客様にお届けできるように努めて参ります。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


富山県黒部産コシヒカリ「おらちの米」は、
『米農家寺崎』のホームページから、ご注文頂けます。
http://www.kurobe-terasaki.com/

その他ご不明な点がございましたら、
下記アドレスまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
info@kurobe-terasaki.com

皆様のご注文、心よりお待ちしております。

2022年9月3日土曜日

農業用ドローン防除

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
富山県黒部産コシヒカリ「おらちの米」は、順調に生育しています。
田植えから、2か月半ほど経過した稲の様子です。


稲は、8月上旬に出穂し、穂揃期を迎えております。
我が家の主力品種「コシヒカリ」は、
穂が出揃い、徐々に黄色く色付いてきました。
出穂後からは、ますます田んぼの水管理が需要になってきます。

稲の活力維持と、お米の品質向上のため、
田んぼの田面が露出することがないように、水管理をしてやらなければいけません。

農業用ドローン!
カメムシによる斑点米防止や、稲の病害虫予防のため、
出穂状況を確認しながら、防除を行いました。


農薬散布を効率的に、作業も断然ラクになりました。
もちろん、オペレーターは講習を受講し、
農業用ドローンオペレーター技能認定証を取得しております。



北アルプスからの雪解け水が豊富に流れる、ここ黒部。
我が家の富山県黒部産コシヒカリ「おらちの米」は、
黒部の大自然に育まれています。

2022年!田植え!!

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
お米の種まきから20日程、ビニールハウスでの育苗を経て、
苗がスクスクと、田植えが出来るまでに大きく育ちました。


爽やかな風を感じながら、田植え日和の一日☆
田植えは、毎年、ご近所の方々にお手伝いを頂いております。

今シーズンは、5月5日より、田植えが、スタートしました。
田植機、順調に水田を走行中!!


苗を植え、肥料をまき、除草剤と病害虫予防のための防除剤も
同時にまいていきます。


田植え機に乗せられたお米の苗です。
オペレーターと一緒に田植え機に同乗している方には、
この苗を田植え機に補充したり、
肥料を補充したり、
欠株、その他異常がないか等、気配りをして頂いております。


田植えを終えた田んぼには、すぐに水が張られます。
幼苗を、低温や強い風から保護してやります。

お米の種まき

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
5月初旬から始まるの田植えに向けて、
田んぼでのトラクターでの作業と同時並行して行われるのが、
お米の苗を育てること!


まずは、お米の種の準備作業です。
病害予防のため、種子消毒を行った種籾。
消毒を終えた種子は、発芽を揃えるために、
水温10℃~15℃で10日程度浸種をし、種籾に十分吸水させます。
そして、種まき前、
30℃程度の温水シャワーを循環して、
種籾を温めることにより、種籾の芽を動かします。
種籾が、ハト胸程度になれば、準備完了です!!


お米の種まきは、ベルトコンベア式に一連の流れ作業で行います。
最初に、空っぽの苗箱を入れると、定量の床土がザーッと入れられ、
水をかけ、土がいい感じに潤います。


次に、
種籾です
苗箱に、まんべんなくキレイに、種がまかれていきます。
最後に、覆土をかけて、播種終了となります。


完成した苗箱は、すぐにビニールハウスに搬出して、育苗するもの。
加温機に入れ、出芽したのちにビニールハウスに搬出するもの。
2パターンで芽の出るタイミングをずらし、苗を育てます。

田植えの期間が長くなるため、
田植えに適した苗を使えるように、時期をずらしてお米の苗を育てます。


田植えの日まで、ビニールハウスで大切に苗を育てていきます(*^-^*)

2022年8月27日土曜日

トラクター三昧

 富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
3月下旬から田植え開始の日まで、トラクター三昧の毎日です。

お米を育てる田んぼに、苗が植え付けやすくする為に、
一枚の田んぼにトラクター作業を3回ずつ行い、
田植えができる田面に仕上げていきます。


「耕起」作業が終わり、田んぼには水が張られています。

トラクターで、田んぼの中の土と水とをかき混ぜる、「荒くり」作業です。
田んぼ一枚を見通して、高い所、低い所がないように
田んぼの均平を取ることも重要な「荒くり」です。


田植え前の最終仕上げとなる、「代かき」作業です。
トラクターに、広げると5m幅のある「ハロー」という作業機を取り付けています。
「ハロー」は、通常のロータリーと比べ、より細かく土を砕くことができます。
田んぼにある草・稲ワラなどを、土の中に埋め込みながら、
田んぼの表面をトロトロの田植えがしやすい状態に仕上げていきます。


鏡面のような仕上がり、とてもキレイな田園風景です!!

満開の桜が綺麗だな

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
晴れの日が続き、田んぼでのトラクター作業が始まると、
一気に、春のトップシーズン到来です!!
田植えの日まで、全力で駆け抜けていきます(*^-^*)

キレイな満開の桜を見ながら(^^♪
トラクターでの「耕起」作業です。


トラクターの後部に取り付けたロータリーを回転させ、
固くなっている土を耕し、柔らかな土にしていきます。


また、土づくりのために散布した土壌改良資材や、
稲ワラ、籾殻なども土と一緒にすき込み、
さらに、田んぼ額縁の草はスキで削り、キレイな田んぼに仕上げていきます。


トラクター作業が終わったら、
トラクターで耕すことが出来なかった隅を、
地道に人手で、鍬やスコップを使って、草を取り除き、土を耕します。


この日は、4月10日。
そろそろ、田んぼに入水するための用水の水量も安定してくる頃。
もうまもなく、田んぼに水が張られます。 

2022年2月22日火曜日

Happy Valentine's Day♡

富山県黒部の専業農家「米農家寺崎」、娘と一緒に作りました♡
真っ赤ないちごを添えて♡
 

新鮮!朝採れたての美味しいいちごをご用意して、
皆様のご来店を心よりお待ちしております♡


ふらっと、いちご直売所にお立ち寄り下さい!!

*******************************************************************
【 富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』 いちご直売所 】

  🍓 自宅周辺の、いちごのぼり旗が目印です🚩

  🍓 営業時間  AM 9:30~ (いちごが売り切れ次第、閉店となります)

  🍓 営業期間  12月~6月頃   

  🍓 直売所所在地  〒938-0022
               富山県黒部市金屋121
               株式会社 米農家寺﨑

  ※  尚、いちごの発送は承っておりませんので、
    何卒、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

2022年2月10日木曜日

雪の富山

富山県黒部の専業農家「米農家寺崎」、
今シーズンも雪の多い冬になっています。
まとまった雪が降っては、溶けてという感じなので、
まだ助かっています。



雪が降ると、除雪が付き物。
フォークリフトに大きなバケツを取り付けて、
ガーっと除雪をします。


集めた雪は大きな雪山にします。
子供達が小さかった頃は、この雪山でソリ遊びをしたな!
お父さんは、雪山を高く作ろうと頑張っていたな!
と、懐かしい思い出です(^^♪


今シーズンのまとまった雪は、これで最後になるのかな。。。
まだまだ、寒い日が続いております。
体調管理には、気を付けてお過ごし下さい。

アスパラガス播種

立春が過ぎてもなお、全国的に厳しい真冬の寒さになっているようです。
ここ富山でも、雪が降る寒い日になっています。

富山県黒部の専業農家「米農家寺崎」、
1月半ば、アスパラガスの種まきを行いました。


アスパラガスの種は、野菜の中でも発芽しにくいそうなので、
あらかじめ、ぬるま湯に浸しました。
セルトレイに土を入れ、
小さな種を一粒ずつピンセットでつまんで、種をまいていきます。


お米の育苗にも使用する加温機にいれて、蒸気と温度で発芽させます。
育苗棚に種まきを終えた、セルトレイを並べ、
設定温度28℃の加温機を入れ、シートですっぽりと覆います。


芽が出るまで、10日くらい必要なのかな。
楽しみに待ちたいと思います!!

2022年1月23日日曜日

無病息災を願って

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
大寒を過ぎましたが、まだまだ雪が降る寒い日が続いております。


1月11日は、鏡開きの日。
15日には、お餅をぜんざいで頂きました。
無病息災を願い、また赤い小豆には邪気を払い魔除けの効果があるそうです。


今シーズンは、雪が降っては解けてと、
まとまった積雪にはなっていないので、まだ助かっています。
それでも、冬型の気圧配置が強まり、大雪警報が出た時には、
黒部平野部でも、積雪は30センチ程積りました。
田んぼも一面、真っ白な雪に覆われています。


家の周りの除雪に追われ、
また、ビニールハウスに積もる雪にも警戒しています。
消雪装置を稼働させ、雪を少しずつではありますが、解かすようにしています。

厳しい寒さとなっておりますので、体調には気を付けてお過ごし下さい。

2022年1月6日木曜日

2022年!明けましておめでとうございます

皆様、新年、明けましておめでとうございます☆

昨年中は、米農家寺﨑をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
2022年、お陰様で無事、新しい年を迎えることが出来ました!!


今年の始まり、元旦は、雪が降り続き、冷え込みが厳しく凍えるような寒さでした。
年末から強い冬型の気圧配置の影響で、大雪予想が呼びかけられました。
我が家では、15センチくらいの積雪となり、除雪に大忙しでした💦

いちごハウスでは、一足早く春が訪れており、
真っ赤ないちごを毎日収穫しています。


今年も、お客様に「美味しい!」と言って頂ける農産物を
お届けできるように努めていきたいと思います!!
本年も、黒部の専業農家『米農家寺﨑』をご引き立て頂けますよう
よろしくお願い致します。