2018年8月12日日曜日

稲の病害虫防除

今年の夏は、例年より梅雨明けが早く、
梅雨明け以降、高温少雨状態が続き、
今後も暑い日が続くと予想されております。

この連日の猛暑の影響で、富山県内の主力品種「コシヒカリ」の生育は、
平年より3日から4日程度早まっているそうです。

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
我が家の主力品種「コシヒカリ」は、8月半ばに入り、
穂が垂れるようになり、徐々に黄色く色付くようになってきました。

穂が出てから20日間は田んぼの水深を3センチ程度に保ち、
できるだけ水温が低下するよう、水管理に追われる毎日が続いております。


さらに、8月初旬から出穂状況を確認しながら、
カメムシによる斑点米防止や稲の病害虫予防ため、
適期に防除を行いました。

防除は、ラジコン動噴を使って行います。
ホースの送り出し、巻き取りは、リモコンで遠隔操作が出来ます。
機械の力を借り、大きな田んぼで100メートル程ホースを担いで引っ張ります。
田んぼの端っこまでホースを伸ばしたら、
田んぼの畦から、勢いよく出る殺虫殺菌剤を散布します。
さらに、反対側の畦に移動し、
再びホースを送り出し、殺虫殺菌剤を散布して
一枚の田んぼの防除作業が終わります。


お米の収穫時期は、例年より早くなると見込まれているので、
秋、収穫準備も計画的に進めていきたいと思います。

大豆の芽がムクッと

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
今シーズンは、6月2日から、大豆の種まきが始まりました。
大豆畑が乾いているタイミングで播種ができたおかげで、
大豆の種をまいてから、4日程で芽が出ました(^.^)


大豆の種から芽が出て、土の中から顔を出す時、土がムクっと盛り上がるんです。
作物のパワーには、いつも感心させられます。

大豆の種は、きちんと、まけていただろうか・・・
種の深さは、大丈夫だっただろうか・・・
播種直後に、大雨が降ったりしないだろうか・・・

毎年のことながら、大豆の種をまいて、芽が出るまではドキドキしています。
とりあえず、芽が出てきてくれ、ホッと一安心です。


そして、大豆の種まきから2週間ほど経過した頃の大豆畑の様子です!
大豆畑が青々と、キレイに列になって並び、
まだ幼い豆ですが、勢いを感じる頃です。

この先は、大豆と、雑草との戦いが始まります。
草に負けないように、大豆、大きく育ってくれることを願っています。

小麦 ゆきちから収穫☆

2018年6月17日 快晴 
富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』の
主力品種、小麦「ゆきちから」収穫の日!!


黒部産小麦「さとのそら」の収穫から2日間遅れて、
黄金色に染まった小麦畑にて、
今年も無事、黒部産小麦「ゆきちから」の収穫を終えることが出来ました。
麦畑は、小麦の香りに包まれ、この上ない収穫の喜びを感じられる一時です♡


昨年秋に小麦の種をまき、
収穫日まで生育管理に徹し、心を込めて育ててきました。

小麦の粒が固くなり、首をお辞儀するようになった時が、収穫のタイミング!!
コンバインで丁寧に小麦を刈り取っていきます。


小刻みに動く刃で、小麦を根元部分からカットし、
コンバインのお腹の中で小麦の粒だけに選別し、
小麦以外の茎などは、細かくカットし、畑にバラまいていきます。


小麦が、コンバインのお腹でいっぱいになったら、
軽トラックに排出し、自宅乾燥場に運び、
乾燥機に入れ、ゆっくりと乾燥していきます。


こちらが収穫したばかりのプリッとした小麦です☆
収穫したばかりの小麦には、
麦ワラや殻、未熟粒など、いろいろ混ざっていますが、
この後乾燥調製を行い、キレイな小麦に仕上げていきます。
 

小麦「ゆきちから」は、準経力粉程度のタンパク含有量を持つ品種です。
製パン用小麦粉として、
富山県内のパン屋さんで、使って頂いております☆
今年は、どんな小麦粉に仕上がるか、とっても楽しみです♡

2018年8月1日水曜日

小麦 さとのそら収穫☆

2018年6月15日(曇り)
富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』が心を込めて育てた
黒部産小麦「さとのそら」の収穫を行いました。


昨年10月、小麦の種を播いた頃、
2週連続台風の襲撃、その台風がもたらす大雨の影響で、
田んぼが湿り、小麦の芽立ちが思うように揃わずでした。。。
小麦畑では、小麦が出ていないところもあり、
残念なことに、収量は大幅に減ってしまいました。。。
それでも、小麦品質自体ははいいものができ、
本日、無事収穫の日を迎えることができたことを嬉しく思っております。

 
小麦「さとのそら」は、茶色の穂がキレイに輝き、小麦の粒が固くなり、
いよいよ、待ちに待った小麦収穫の日!!

コンバインの小刻みに動く刃で、小麦を根元から刈取り、
コンバインのお腹の中で小麦の粒だけに脱穀し、
小麦以外の茎などは、細かくカットし、田んぼにバラまいていきます。


こちらが収穫したばかりのプリッとした小麦です☆
麦ワラや殻、未熟粒など、いろいろ混ざっていますが、
この後乾燥調製を行い、キレイな小麦に仕上げていきます。


小麦「さとのそら」は、薄力粉~中力粉程度のタンパク含有量を持つ品種で、
麺用、お菓子、パンなど幅広い用途があるようです。

じっくり乾燥、調整、農産物検査、そして製粉の過程を経て、
富山県黒部産小麦『おらちの小麦粉』が出来上がります。



2018年7月30日月曜日

田んぼの溝掘り

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
5月半ばの田植えから、1カ月程経過した田んぼの稲の様子です。


稲の株数が増え、葉っぱが広がり、背丈が伸び、稲は順調に成育中です。

田植えを行ったその日から、稲の生育に大切な田んぼの水管理。
稲の生育段階に合わせて、田んぼ一枚一枚を見て回り、
毎日毎日、水管理に努めています。


田植えから、1カ月程過ぎたころから
稲の生育状況を見て、中干しを行いました。
「中干し」とは、
田んぼの水を落水させ、田面がひび割れするまで干すこと!
その理由として、以下の通りです。

 ・過剰な分げつの発生を抑えるため。
 ・土の中の有害ガスを除去し、稲の根張りをよくするため。
 ・収穫時のコンバイン作業をスムーズに行えるようにするため。


その「中干し」を効率的に行うため、田んぼの溝掘りを行いました。
水田乗用溝切機を借りて頂けるということでしたので、大助かりでした!
田んぼの中でもとてもスムーズに機械は進み、
しっかりとした溝を掘ることができました。

最後に、排水のための水尻に連結するための手直しを行い、
溝掘り終了です!

大豆の種まき

富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』、
大豆の圃場が乾き、しばらく晴天が続く天気予報だったので、
今シーズンは、6月2日大豆播種のスタートとなりました。


昨シーズン同様、今シーズンも我が家では、
エンレイ大豆、シュウレイ大豆、2品種の大豆作付をします。

前もって、作物を育てる上で、基本となる土づくりのため、
大豆を育てる畑には、発酵鶏糞、苦土石灰の散布を行い、
圃場の準備を行いました。

そして、大豆播種当日、トラクターでの前耕起からスタートです。
大豆は、湿り気を嫌う作物なので、圃場が乾いている間に、
少しでも作業を進めたいところです。

トタクターで草を土の中に埋め込みながら、
土を柔らかく、細かく砕き、播種がし易いように畑を耕します。
さらに、畑の排水をとるための額縁を取るのも、とても重要です。


大豆の播種は、
大豆播種機スリップローダーシーダーがセットされたトラクターで行います。
スリップローダーシーダーは、
土を耕した所に肥料を落とし、大豆の種をまき、
トラクターの幅いっぱいある広ーい畝を作っていくことができます。
最後に、草の発芽を抑える効果がある、土壌処理剤を散布して、
大豆播種完了となります。


大豆は、湿り気を嫌う作物なので、
この一連の作業を圃場の乾いた状態で行うのが大切です。

肥料、大豆の種の量が狙い通りに入るか、
作業前に調量しているにも関わらず、
いまいち計算通りにはいかず。。。毎年苦労しております。。。

この微妙な肥料や種の量によって、大豆の収穫量、倒伏などに
影響を及ぼすので、毎年試行錯誤しているところです。

2018年7月18日水曜日

うせ植え

2018年5月27日、今年も「黒部名水マラソン」が盛大に開催されました。
大会当日は、朝からとてもいい天気☀
私達が、早朝の水見に行った5時頃から、
交通規制のための誘導員さんが立っておられ、
会場に向かうバスも、行き来していました。


スタート花火がなり、会場となる黒部市総合公園周辺はたくさんの参加者、
沿道にも応援の方で、とても賑わっていました。
給水ポイントには、黒部の名水が、
また、走り終えたランナーの方には、黒部名水だんごやます寿司などが
用意させていたそうです(^^♪


富山県黒部の専業農家『米農家寺﨑』は、
田植えが終わり、ホッとする間もなく水管理に追われる毎日💦
田植機で植え付けができなかった所に、
人の手で一つ一つ苗を植えていく、補植作業を行いました。
ちなみに、我が家では、「うせ植え」と呼んでいます。


田植機の出入り口である搬入口や、
変形田の隅っこ箇所等々、
「うせ植え」をし始めたらキリがないのですが。。。

そこそこ程々にして、田植え後の補植作業を進めていきます。
田んぼは水深く柔らかいし、腰を屈めての作業になるので、
地味な作業ながらも、結構な重労働です。